馬と共に生きる!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

火事

一昨日、船橋競馬場にて厩舎が全焼する火事があり、競走馬九頭の命が天へと召されました。

ご冥福をお祈り致します(>_<)


火は怖いですね…。

大事な財産や命をこうも簡単に奪ってしまう…。本当に火は怖いです。

お馬さん…、熱くて苦しかっただろうな…、そして、側にいながら助けたくても助けられなかったって心を痛めてる厩務員さんの事を思うと言葉が出ません…。

馬って自分に危機が迫ると自分が安全だと思うところに留まるらしいですね…。
そしてその安全な場所は自分の家である厩舎の馬房の中…


野生の馬の場合は、安全と思える場所は森の中なんですけど、人に子馬の頃から育てられた馬は自分が一番安全だと思える場所は馬房であり、一番信頼を寄せてる相手は飼育員である私たち人間なんですよ…。

だから、あんなに大きくて力のある生き物なのにあんなに人に対して従順なんです。

人を親って言うかボスって認識してるから…。


本当に、こんな馬鹿みたいに従順な奴らを裏切れるわけがないですよ…。


本当に…。



私、世の中で一番苦手なものが火なんです。


火に連想するもの、例えば、タバコなんて嫌いの域を超えて生理的に受け付けなくなっています。(この場合は火以外にも嫌い要素がまだあるんですが…)

あと、花火とか、避難訓練も苦手です。避難訓練の時なんか、緊張し過ぎてお腹壊した事も多々あり!!


とにかく、火だけは本当に苦手なんです。

だから料理も出来るだけしたくはありません…。


原因は子供の頃に近所で家が燃える火事がありました。
被害状況はまだ小さかったんで覚えてませんが、子供心に消防車の音やオレンジ色の光、炎の色が恐ろしかったのだけ記憶しています…。


多分、それがトラウマとして残ってるのだろうと思います。

大人になり、火の扱い方を学んだおかげで少し平気になりつつありますが、やはり怖いものは怖いもんですね…。


火の扱いには気をつけましょ‥
スポンサーサイト
  1. 2008/06/25(水) 19:46:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いろいろ

今日は(^-^)/

梅雨に入り毎日ジメジメ、雨がシトシト…嫌ですねぇ…

馬の運動場である馬場も雨のせいでグチャグチャのときが多く、その都度、運動が出来なくなったりで結構ウンザリします…。


話しは変わりまして、先週、親戚の叔父の三回忌法要に行って参りました。
前日まで雨だったにも関わらず、当日は嘘のような晴天でした。

きっと、叔父さんが歓迎してくれたんじゃないかな‥って思いました(^o^;)

親戚の方々も集まり、お墓参りして、ウナギ食べて、実家で一休みって流れでした。


親戚に私の従兄弟の子供さんがいます。私の甥っ子になるのかな?

その子が凄い子で、犬が怖い!って言うぐらい犬が苦手な感じだったのですが、実家に居る犬に触れさせて遊ばしたんです。

最初こそ怖がっていましたが、父や私がほんの少しコツを教えてあげましたら、最初の怖がりが嘘のように、仲良くなってしまいました(^o^;)

自分が覚えてきた技術と経験をほんの少し教えてあげただけなのですが、姿かたちは既にプロの飼育士そのもの!!


数年掛けて会得した技術をほんの数時間で会得してしまった姪っ子にもはや脱帽でした…(^_^;)


まあ、犬との付き合い方はもっと奥が深いのでまだまだ覚えてもらわないといけない事が山ほどありますけどね…。


でも覚えてしまえば、もっともっと犬や他の生き物達と分かり合えるし視野も広がると思います。

ただ、一つ言えるのは、犬も馬も鳥も考えてる事は人と同じ!
人が犬や馬が怖いと思うのと同じように犬も馬も人間が怖い
それだけ理解してくれるだけでも、ずっと距離は縮まると思います。


それは、分かり合おうとするから…。

お互いに分かり合おうとするから縮まってくのではないかと思います
  1. 2008/06/07(土) 22:16:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

久しぶりの更新だぁ!!

あんまり久しぶり過ぎてログインIDやパスワードを忘れてしまって手間取りました…(^_^;)


皆さん今晩は。お元気ですか?私は変わらず元気です。今は北海道から戻って来て、馬乗りも再開しています。

まあ、人生いろいろありますけど、それもまた人生ですね。
また少しずつ更新して行こうと思ってますので宜しくです。 今日はご挨拶まで。
  1. 2008/03/04(火) 21:39:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

31周年

20070609204909
いろんな事があったな…

楽しかった事

嬉しかった事

悲しかった事

辛かった事

苦しかった事

十代の頃はいつも自分と他人を見比べて、自分のほうがほかの友人達より劣ってると思い自己嫌悪になってたっけ…。

そして学生を卒業し、社会に出てからはそんな自分を変えてやろうと「強くなりたい」と言う目標を心に刻みひたすら頑張った。

20代になり、余裕が出てきた俺はさらに視野を広げようといろんな趣味にチャレンジした…。

趣味は一つに限らず、沢山チャレンジしてみた。

私は飽きっぽいのでなにか一つでも熱中できるような趣味が欲しかった。でも、結局熱中できるような趣味は見つからなかった。

飽きっぽいからではなくて、自分が求めてるもの、イメージが合わなかったのかもしれない。

でもそれでも次から次へと趣味と言うか目標みたいのを求めていったっけ…。

今思えば自分の足りない部分、自分の劣ってる部分を補おうと必死になって求めてたのかもしれない。自分と他人の差、仲間と自分の距離みたいのを縮めようと必死になってたのかもしれません。

けど、それと同じぐらい代償もかなりあった。

騙されて物を買い、借金を作ってしまったりして自分を追い詰めてしまったりした…。

自分が悪いのは百も承知だが、他人を信じられなくなった事もある。

自分が悪いんだ!と開き直った事もあった。

それでも「強くなりたい」と言う気持ちは変わらず、また、そんな気持ちがゆういつの支えだった。

そして30になり、自分の人生を1からスタートしたい!と強く思うようになった。

自分を見直し、全てを綺麗にして、もう一度スタートし直そうと思った。

いや、やらなければならないと堅く誓っていた…。

ちょうどその頃、精神的にも追い詰められていて、自分の状況も周りに知られていて、周囲の人にも心配を掛けてしまっていた。

そして、散々迷った(迷う必要もないのだが…)末に、思い切って周りの人に助けを求めた!

負けず嫌いの性格の自分

人の力になりたいと思っていても、人に助けられるのだけは死んでも嫌であった。

人に助けを求めると言うのは負けを意味する。

強くなりたい、負けるのはもうイヤだと思ってから、その時の自分からして見れば本当に勇気のいる行為だったのかもしれない…。

でもそれ以上に今の状況を本気で変えたいと願ってたので、勇気以上の勇気を出せたのかもしれない…。

自分を変えると言う事は人を信じる事。人を肯定し慈しむもの…。そして人の力になるだけでなく助けてもらう。

助けてもらったり、助けたり、助け合いの気持ちが大切なんだと改めて知った。

今、借金の件は順調に返済中。
そして、私は職場の寮に住み、共同生活を満喫しています(^-^)

共同生活は大変だけど、お互い助け合いながら、またそんな生活、仕事を楽しんでいます。

今日で31周年…、これからどんな人生が待ち受けてるんだろ?

楽しみだな(´∀`)

皆さん、いつもありがとうございます(*^〇^*)これからもどうぞ宜しく御願いしますね。

では長くなりましたがこれで…。
  1. 2007/06/09(土) 20:49:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

写真・北海道の飲み物

20070608223252
ソフトカツゲンと言う乳酸飲料です。

北海道でしか売ってない飲み物だそうです。

私はこれが大好き♪

今もそうですが、十代の頃、北海道で仕事してたときから大好きでして、昨年、再度北海道に渡り、また、この箱を目にしたときは飛び上がるぐらい嬉しかったなあ…。

それ以来、私の愛用品と化してます。

飲み過ぎるとお腹張るけどね…。
  1. 2007/06/08(金) 22:32:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。